ナンパも健全な出会いの手段

 

今年で27歳(会社員・男性)になりますが、今まで、ナンパを一度もしたことがありませんでした。なんというか、ナンパって、すごく不健全なイメージがあったんですよね。その場ではうまく意気投合したとしても、結局はその日限りになったりと、まあ、私の中ではナンパ=遊びという公式が出来上がっていたものです。

それよりなにより、女性に対して失礼じゃないですか。見ず知らずの女性に対して、いきなり声をかける・・。相手の都合も考えずに、ただただ数打ちゃ当たる的な精神でもって、ひたすら女性を物色する・・。私の倫理観に照らし合わせれば、どう考えてもあり得ない行動なのです。とまあ、かなり堅めの考えの持ち主の私ですが、実は今付き合っている彼女はナンパによってゲットしました。

きっかけは、地元(大阪府)で毎年開催される花火大会です。そこに、大学時代の先輩3人と一緒に繰り出したのですが、さすがに男3人で花火を見るのは虚しすぎます。そんななか、先輩の1人がナンパをしようと提案してきまして・・。前述のとおり私はナンパに対して極度の抵抗感を抱いています。なので、正直なことを言うと、嫌だったんですけどね・・。が、相手が先輩ということもあって、うまく断ることができませんでした。

で、女性だけのグループを狙って、ひたすらに声をかけていくのですが、当然そう簡単に事は運びません。が、10組くらい声をかけた結果、ものすごく受けのいいグループに遭遇したのです。やたらとノリがよくて、私たちのナンパにも快く応じてくれています。「男だけで寂しく花火ぃ~?」とか「私たちが相手してあげようか?」とか、冗談も交えながら、すごく会話が盛り上がったんですよね。

その中の一人に、やたらとおとなしい女性が一人いまして・・。その女性こそが、今の私の彼女になる方だったのです。彼女も、こういったノリには少々抵抗感を感じるらしく、皆が盛り上がっている中、端っこの方でおとなしくしています。

その様子を見ていて、なんとなく、自分に似ているなあ、なんて思いまして・・。思い切って声をかけてみたところ、そこから徐々に会話が発展し、気が付けば恋人になっていたのでした。

こういったこともあって、ナンパも一つの出会いの場として、今では特に抵抗感を感じなくなりました。人生何がきっかけで運命の人と巡り合えるかわかりませんからね。積極的にアプローチを仕掛けることが結局のところ幸せにつながるのかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です